長距離引っ越し

関西から関東までの長距離引越し

今まで、ずっと大阪で1人暮らししていましたが、今年、6月に神奈川のある会社に採用されました。各地域では店舗や工場がありますが、

 

私の働く場所は本社です。つまり神奈川です。ですので、必ず神奈川に引越さなければなりません。
7月入社で、わずか1ヶ月で引越し業者の探しと荷物の片づけをしなければなりません。ちょっとばたばたしていました。

 

6月の時、ネットでいろいろ調べて、何件かの引っ越し見積もりも依頼しましたが、確かに本番の引越し業者は荷物の搬入、搬出だけではなく、部屋の掃除とかいろいろなサービスがあります。

 

でも、実家を離れた後ずっと1人暮らしなので、荷物は元々そんなに多くないで、引越し業者に頼んだら、わりと高いと思いました。

 

見積りしにきた営業マンも、「もし引越し費用を抑えたいなら、ヤマトなどの物流会社に頼んだほうがいいですよ」と勧めてくれました。

 

その話を聞いて、もう一度、ネットでヤマトや日本通運などを探しました。

 

掃除など自分ができて、ただ荷物の搬入と搬出ならこちらのほうがいいですね。費用は本当に、引越し業者とは何倍の差があります。

 

最後、物流会社の日本通運を見つけて、電話で見積りの予約をしました。電話対応はすごく親切で丁寧と感じました。

 

そして、見積りの当日、丁寧な営業マンが来て、荷物の量を見て、「どうやって荷物の量を減らす」というアドバイスなどをしてくれました。

 

単身なので、本当に荷物の量はすくないので「単身プラン」という引越しのプランを提案してもらって、私もその場で契約をしました。

 

引越しの前日、営業マンから最後の時間確認などの電話をもらったし、荷物を搬出と搬入の当日には、事前に作業員から電話がもらって、自分の時間を把握しやすいです。

 

 

作業員たちも優しく丁寧で、作業も速やかでよかったです。

 

元々は物流会社で日本全国では拠点があって、サービスがすごく広くて便利です。

 

これからまた引っ越す機会があれば、今回のように日本通運をを利用したいです。

急な転勤による引っ越し

主人の仕事の都合で、急に転勤になった時の引っ越し体験談です。

 

引っ越し代金は会社持ちであったために、会社から早く引っ越し屋の見積を提出するようにと言われました。しかし、家が全く見つからず引っ越し先が決まっていない段階で、見積をお願いしました。引っ越し屋は、数社電話しましたが取り合ってもらえず、家に来てくれたのは日本通運のみでした。しかし、ここも最初は相手にしてもらえず、適当に部屋の中を見て、嫌そうな顔をしながら見積は後日送ると言って、説明をして帰っていきました。

 

 

しかし、何日待っても見積は届きませんでした。その間に家探しは続いていましたが、家の申し込みに書類が必要だったり審査があったりでなかなか進みませんでした。会社から引っ越しの見積を催促され、日通に電話を掛けました。すると、担当者は、頼む気ないのにどうして見積を作らないといけないと言って怒っているのです。日通で引っ越しをする予定のこと、会社から見積を催促されているのですぐにほしいと言うと、やっと信じてくれました。担当者はすぐに主人に電話を入れて、やっと見積を作ってくれました。なんと訪問見積もりはありませんでした。

 

 

埼玉県春日部市から福岡県福岡市への引っ越しで、代金は480,000円でした。会社持ちのため、見積は会社に提出し、支払いは会社なので領収書はもらっていません。クーラーはマンションのものなので、取付取り外しはありません。処分品は日通が引き取ってくれました。

 

 

3人家族だったので、荷物の量は多くなかったのですが、作業に来てくれた人数が6人いました。梱包作業は自分たちでしたが、当日は残りの荷物を梱包してくれました。会社持ちだったために、日通が作業人数を多めにして金額を上げていたのかもしれません。引っ越し先でも、作業人数は6人でした。そのため、荷物を出すのは1時間半で終了しました。

 

引っ越し先には、2日後の午前中に到着しました。荷物を出す日は予定時間よりも30分早くトラックが来ました。荷物を入れる日は15分ほど遅れてトラックが到着しました。

 

エレベーターのない3階建てのマンションの3階から、エレベーターのある5階建てマンションの5階に引っ越しをしました。作業員は、親切でした。リーダーの方の指示でどんどん運び出されていきました。当日に梱包する予定ものはすべてしてくれました。子供がまだ赤ちゃんだったのでとても助かりました。